FC2ブログ

トップ(TOP)

プロフィール(PROFILE)

最新情報_イベント(NEWS_EVENT)

試聴(AUDITION_ROOM)

日誌(DIARY)

お問い合わせ(CONTACT)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード

楽器博物館

パリ市の北部place de pantinは音楽の街。
歴史のある街並みとは違い斬新な真紅で統一されています。
巨大な音楽ホールもあります。
昨年は夜遅くシャンソンのスペクタクルに行ったので
風景があまりわかりませんでした。
危険な場所なので連れて行ってくれたフランス人の友達が
あなたのカバン気を付けなさいよっと言ったのが印象的です。

そこには楽器博物館があり世界中のもの凄い数の楽器を所蔵していました。
ヴァイオリンやフルートは数えきれない。
見たこともない楽器、おなじみのカスタネットや
世界の楽器、日本はお琴や三味線。
私の取り組んでいるオルゴールも勿論あります。
音楽に携わっている方は一度は足を運ぶべきです。
必見です。
音楽の街プラスドゥパンタン正面が大ホール
aDSC_0280.jpg
楽器博物館シテドゥラミュージックの入り口 
aDSC_0282.jpg
チェンバロかな?
aDSC_0283.jpg
弦楽器系何百種類???
aDSC_0285.jpg
フルート系ものすごい数
aDSC_0286.jpg
オルゴール
オルゴール
ヴァイオリンなど等
aDSC_0290.jpg
「セルパン」フランス語でヘビ。題名のない音楽会で見た。
aDSC_0291.jpg
こども達の課外授業に交じってタイコシンバルの説明後実演。
aDSC_0289_20140424212930ac8.jpg
昨年行った「アル ドゥ ラ シャンソン」昼間はこんな建物だったの?aDSC_0297.jpg
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけメッセージを送る